宙語り 冬『太陽系の天体をめぐる旅』~季節ごとに新しいテーマでお届けします~

"宙語り(そらがたり)"とは

福岡市科学館では、最新鋭のプラネタリウムシステムを駆使し、宇宙の最新情報やクイズなど、観覧者とのインタラクティブな展開を取り入れた、新しいスタイルの生解説投映を行います。個性あふれる解説員が季節毎に違ったテーマでお届けする生解説番組。それが"宙語り"です。
さあ、一緒に、宇宙への扉を開きましょう!



宙語り 冬『太陽系の天体をめぐる旅』

宙語りの第1弾のテーマは、太陽系。
本を開けばそこには太陽系の世界が広がります。身近な天体である太陽と、その周りを公転している8つの惑星の特徴を解説員の語りとダイナミックな映像でご紹介します。



開催概要

タイトル
福岡市科学館オリジナル生解説番組
宙語り 冬『太陽系の天体をめぐる旅』
〜季節ごとに新しいテーマでお届けします〜
投映期間
2017年12月6日(水)〜2018年3月5日(月)
※投映期間は変更する場合がございます。
開催場所
6階ドームシアター(プラネタリウム)
投映時間
約45分間(すべて生解説)
座席数
220席(自由席)
入場時刻等

投映開始時刻の10分前よりご入場いただけます。

 ※3階総合案内/チケットカウンターでチケットを発券後、投映開始時刻までに6階ドームシアター(プラネタリウム)へお越しください。

 ※座席は全席自由席です。6階ドームシアター(プラネタリウム)前にお並びいただいた順番に入場のご案内を行っております。

観覧料

一般番組観覧料

[個人]大人500円、高校生300円、小・中学生200円

[団体(30名以上)]大人450円、高校生270円、小・中学生180円

 ※未就学児無料

 ※観覧券は、当日3階総合案内/チケットカウンターにてお求めください。

 ※年間パスポートや障害者手帳等をお持ちの方も、3階総合案内/チケットカウンターでチケットの発券が必要となります。

 ※多客時は、1日お一人様1番組のご観覧のみとご協力をお願いする場合がございます。