スペシャルトーク 皆既日食を体験しよう![公演終了]

全天周で日食を再現?

今年8月21日北アメリカ大陸を横断し話題になった皆既日食を、福岡市科学館ドームシアターのリアルな全天映像で再現します。ゲストには、日食ハンターとしても有名な和歌山大学 尾久土正己教授と宇宙飛行士を目指しているタレントの黒田有彩さんをお迎えし、日食のしくみや実際の体験談など素敵なトークショーを行います。


尾久土
尾久土 正己(おきゅうど まさみ) プロフィール

1961年岡山県生まれ、大阪育ち。大阪教育大学卒業後、高校教員を経て1990年から兵庫県立西はりま天文台公園研究員、1991年、同主任研究員。活動銀河核の観測などを行うとともに、天文台間の情報交換を目的とした公開天文台ネットワークを立ち上げた。1995年から和歌山県美里町(現紀美野町)のみさと天文台の天文台長。インターネットと天文学を融合した教育実践で世界をリードした。2003年から和歌山大学学生自主創造科学センター教授となり、2007年、同センター長。2008年観光学部教授に就任。宇宙と映像と観光を結びつけた新しい観光学を研究中。大阪芸術大学写真学科客員教授も併任。2009年4月、文部科学大臣表彰受賞。専門は、天文学、科学教育、映像システム、観光学。



黒田有彩
黒田 有彩 (くろだ ありさ) プロフィール

中学時代、作文コンクールで入賞しNASAを訪問したことをきっかけに宇宙の虜に。宇宙飛行士の試験に必要となる専門分野での実務経験を「タレントとして宇宙の魅力を発信すること」と定め、JAXA宇宙飛行士試験の受験を目指している。2016年11月、個人事務所兼宇宙の魅力を幅広く伝えるコンテンツを企画する法人・株式会社アンタレスを設立し代表取締役に就任。2017年4月から文部科学省国立研究開発法人審議会臨時委員に就任。放送大学「初歩からの宇宙の科学」「化学反応論」、FMヨコハマ「Tresen」等。




開催概要

タイトル
スペシャルトーク 皆既日食を体験しよう!
開催日時
2017年11月18日(土) 19時〜、20時20分〜(1日2公演)
時間
1公演 約50分間
開催場所
6階ドームシアター(プラネタリウム)
観覧料
自由席 中学生以上1,500円、小学生以下 700円
※座席を使用する未就学児は、小学生以下の料金となります。
※各種割引、年間パスポートはご利用いただけません。
観覧券
2017年10月25日(水)16:00〜 福岡市科学館3階総合案内/チケットカウンターにて事前販売を行います。
※観覧券はおひとり様5枚までご購入いただけます。
※座席は全席自由席で、座席を指定することができません。なお、ステージが見えづらい座席もございます。
対象 (推奨)
小学生以上
定員
1公演につき220名