12/18(月)講演会「ロボットとアートの交わり『ROBOT+ART』」

従来より、機械産業を支える基盤としての役割を果たしているロボットは、近年より一般社会に近い領域での活躍が期待されています。一方で、ロボットのデザインおよびその芸術性についてはさらに深化する余地があります。本講演会ではロボットに対するアートの関わり、ロボットのデザインの重要性、および一般社会との関わりについて、各分野の先駆的な講師による講演とともに再考します。ロボットが社会に溶け込むためには、アートとどのように関わり、そしてデザインされていくのでしょうか。



開催概要

名称
講演会「ロボットとアートの交わり『ROBOT+ART』」
日時
2017年12月18日(月)13:30~16:30
会場
福岡市科学館 5階 工作室1
定員
20名
参加料
無料
対象
どなたでも
主催
計測自動制御学会システムインテグレーション部門(SICE SI部門) ロボティクス部会
共催
福岡市科学館
後援
佐世保工業高等専門学校
申込方法・お問い合わせ先
以下のリンクよりお申込み、お問い合わせ下さい。
http://science-islands.jp/activity/20171218.html