サイト内検索

「はやぶさ2」帰還カプセル特別公開 5階基本展示室での関連プログラムについて

会期中は5階基本展示室を20時までご利用いただけます(最終入場19:30)

サイエンスショーは夜間(18:30~)も開催します

2022年1月28日(金)~2022年2月1日(火)の小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル特別公開 会期中は、館内各所でさまざまな関連プログラムを開催します。
5階基本展示室では、帰還カプセルの付属品展示や「はやぶさ2」ミッションの軌跡を紹介するパネル展示、テーブルサイエンスなど参加体験型プログラムも実施します。

※通常は火曜日が休館日ですが、2022年2月1日(火)は開館し、2022年2月2日(水)は休館します。
※3階企画展示室での特別公開はHPより事前申込制(先着順)で無料ですが、5階基本展示室は有料エリアで入場券が必要です。チケットは当日9:30より3階総合案内/チケットカウンターにて当日分を販売します。

5FMAP

INDEX
▼  [展示]1   JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル付属品展示
▼  [展示]2   フューチャーエリア「はやぶさ2」のミッション展示
▼  [展示]3~5   宇宙エリアの展示
▼  [参加体験]A   テーブルサイエンス「はやツーくんのミッション」
▼  [参加体験]B   サイエンスショー「ロケット!飛ぶと?どうなると?」
▼  [基本情報] 5階基本展示室の利用時間・料金

展示 1

JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル付属品展示


hayabusa2_hp_in_%28C%29JAXA-17.png

国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」の帰還カプセル付属品を展示します。
カプセル回収現場であるオーストラリア南部のウーメラ砂漠から分析施設までインスツルメントモジュールを入れ、実際に運んだ輸送箱を展示します。インスツルメントモジュールには、リュウグウのサンプルが保管されていました。

展示内容
・JAXAの小惑星探査機「はやぶさ2」帰還カプセル付属品 輸送箱
・解説パネル(JAXA提供)
・映像(JAXA提供)

展示 2

フューチャーエリア「はやぶさ2」のミッション展示

フューチャーエリア「はやぶさ2」のミッション展示
2020年7月に開催したトークライブの動画をYouTubeで公開中

小惑星探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」のサンプルを採取し、地球に帰ってくるまでのミッションや、九州大学の野口高明先生の解説・研究内容を映像やパネルで展示しています。

尚、2020年7月19日に福岡市科学館で開催したスペシャル企画「九州で解明するリュウグウの秘密!」~「はやぶさ2」トークライブ シーズン2~ の動画をこちら(福岡市科学館公式YouTubeチャンネル)で公開しています。ご来場前にぜひご覧ください!

「九州で解明するリュウグウの秘密!」~「はやぶさ2」トークライブ シーズン2~ 登壇者
 三桝 裕也 氏[宇宙航空研究開発機構(JAXA) はやぶさ2 プロジェクトチーム]
 奈良岡 浩 氏[九州大学 理学研究院 教授]
 野口 高明 氏[九州大学 基幹教育院 教授]
 岡崎 隆司 氏[九州大学 理学研究院 准教授]

展示 3~5 宇宙エリアの展示 

宇宙のひろがりや様々な方面からアプローチした地球の姿などを体験しながら学べる「宇宙」エリアを楽しもう!


3 惑星メイカー
宇宙空間の岩石や氷のチリ、ガスを集めて惑星を誕生させてみましょう。
4 銀河トラベル
地球と小惑星帯はどれくらい離れているのか体験してみましょう。 ※小惑星「リュウグウ」、小惑星「イトカワ」の表示はありません。
5 重力ターン
探査機が遠くの天体へ行く時、天体の重力という大きな力を使うことで、効率よく方向転換やスピードのコントロールを行うことができます。「スイングバイ」のしくみを体験してみましょう。
参加体験プログラム A

テーブルサイエンス「はやツーくんのミッション」


table_hayabusa2.jpg

紙芝居やクイズを交えながら、「はやぶさ2」のミッションなどについて解説します。

日時:
 1月28日(金)、1月31日(月)・2月1日(火) 
 各日 10:30〜、14:00〜、17:15〜 各回30分間、1日3回開催
 1月29日(土)、1月30日(日) 
 各日 11:00〜、14:00〜、17:15〜 (各回15分間、1日3回開催
場所:サイエンステーブル1
定員:各回5名程度
参加方法:事前申込不要。直接会場へお越しください。
※サイエンスキャストによる実施です。
※関連プログラム以外のテーブルサイエンスの内容についてはこちらをご覧ください。

参加体験プログラム B

サイエンスショー「ロケット!飛ぶと?どうなると?」


35e4ab2f9990928db094ace399a8d2af422bf7c8.jpg

「はやぶさ2」は2014年12月3日に種子島宇宙センターからH-ⅡAロケット26号機により打ち上げられ、宇宙へ旅立ちました。
ロケットが飛ぶしくみはどのようになっているのでしょうか。
サイエンスショー「ロケット!飛ぶと?どうなると?」でロケットのしくみを実験から考えてみましょう!
(ショーの中で、科学館ロケット「H-S」を飛ばします。無事飛ばすことができるでしょうか...お楽しみに!)

日時:
 1月28日(金)、1月31日(月)・2月1日(火) 
 各日 18:30〜 30分間、1日1回開催
 1月29日(土)、1月30日(日) 
 各日 13:30〜、18:30〜 各回30分間、1日2回開催
場所:サイエンスショーステージ
定員:各回45名
参加方法:事前申込不要。直接会場へお越しください。
※関連プログラム以外のサイエンスショーの内容についてはこちらをご覧ください。

基本展示室の基本情報

利用時間
2022年1月28日(金)〜2022年2月1日(火)の利用時間
9:30〜20:00(最終入場19:30)
※通常は火曜日が休館日ですが、2月1日(火)は開館し、2月2日(水)は休館します。

入場料
当館の入館料は無料ですが、基本展示室は有料エリアのため、入場券が必要です。
入場券は、当日9:30より3階総合案内/チケットカウンターにて当日分を販売いたします。
入場券をご購入の上、5階基本展示室までお越しください。
※混雑時は入場制限を行います。
※当日中であれば何度でも再入場できます。

基本展示室 入場料
■個人
 大人    510円(税込)
 高校生   310円(税込)
 小・中学生 200円(税込)

■団体(30名以上)
 大人    460円(税込)
 高校生   280円(税込)
 小・中学生 180円(税込)

 ※未就学児は無料
 ※次の方は、5階基本展示室に無料で入場いただけます。詳しくは利用料金減免基準をご覧ください。
 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人(コピー可、ミライロID可)。
 特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人(コピー可、ミライロID可)。
 ※3階総合案内/チケットカウンターでのお支払いには、現金、上記各種クレジットカード・電子マネー・交通系ICカード・QRコード決済をご利用いただけます。具体的なカードの種類などについての詳細は こちらをご確認ください。尚、全額決済のみ可能です。各決済方法の併用、チャージはできません。

 大切なお知らせ 
福岡市科学館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各機関からの最新情報をもとに、感染予防・拡散防止に努めてまいります。ご来館の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、マスク着用こまめな手指の洗浄・消毒 などのご協力をお願いいたします。ご来館の際には、【ご来館の皆様へのお願いと当館の対策について】 をご確認いただきますようお願い申し上げます。