サイト内検索

4/25(木)SCカフェ「脳をだまして錯覚を楽しもう!トリックアートと錯視のはなし」

2019.04.25   19:00

4/25(木)SCカフェ「脳をだまして錯覚を楽しもう!トリックアートと錯視のはなし」

4階 サイエンスナビ / スペシャル企画

ARトリックアート展関連サイエンスカフェ
なぜ平面なのに立体に見えるの?
錯視と言えば、エッシャーなどのアート作品を思い浮かべますが、実は道路看板の見やすさのためにも応用されています。なぜ錯覚がおこるのだろうと考えたことはありますか?
目と脳とこころの関係をひも解く錯視の研究。その第一人者である九州大学の伊藤裕之先生をゲストにお迎えします。日常の疑問を先生に聞いてみましょう。

開催概要

タイトル
脳をだまして錯覚を楽しもう!トリックアートと錯視のはなし
日時
2019年4月25日(木)19:00~20:00
会場
福岡市科学館 4階 サイエンスナビ
定員
20名程度
参加料
無料
対象
中学生以上推奨

ゲスト
cafe111.png
 伊藤 裕之 教授
(九州大学大学院芸術工学研究院 デザイン人間科学部門知覚心理学分野 主幹教授)

<プロフィール>
 九州大学大学院文学研究科心理学専攻博士課程修了
 博士(文学)
日本学術振興会特別研究員、九州芸術工科大学助手、准教授を経て現職。芸術工学部の授業では、画像設計学科において視覚心理学を担当し、人間の視覚と視覚現象について、目と脳のメカニズムから機能的に解明する研究を行っている。
研究紹介(https://www.kyushu-u.ac.jp/ja/research/information/approach/design/design13)
お申込方法
下記申込フォームよりお申込みください
※申込みフォームをご入力・送信完了後、こちらよりお申込み完了(受付番号)のメールをお送りさせて頂きます。迷惑メール対策などで「アドレス指定受信」・「ドメイン指定受信」・「メールフィルター」など、メールの拒否設定を行っていると受信できません。設定の変更をお願いします。迷惑メール防止対策のためドメイン指定をされている場合は、「@fukuokacity-kagakukan.jp」をご指定下さい。
※当日、福岡市科学館の活動報告として講演会の写真を撮影し、今後の広報で使用する可能性があります。予めその旨、ご承諾頂ければ幸いです。