サイト内検索

12/25(土) サイエンスカフェ「乳酸菌が作る抗菌物質・バクテリオシン~食べるだけではもったいない乳酸菌の力〜」

2021.12.25  土曜日 13:00

12/25(土) サイエンスカフェ「乳酸菌が作る抗菌物質・バクテリオシン~食べるだけではもったいない乳酸菌の力〜」

4階交流室1 / スペシャル企画

f43dca8ed1c63d325b193ebb03a54f697964e581.jpg

食べるだけではもったいない乳酸菌の力

 乳酸菌と聞いて、まず思い浮かぶのはヨーグルトや漬け物でしょうか。
 乳酸菌は、種々の発酵食品を通じて、私たちの健康によい効果をもたらすことが明らかになっています。最近では、発酵食品以外にも、乳酸菌入りと表示された食品や飲料を多く見かけるようになりました。  そんな乳酸菌には、私たちの健康を直接支えてくれるほかにも、多くの働きがあります。その一つに、有害な微生物の増殖を抑える働き、抗菌作用があります。そして、この抗菌作用には、乳酸菌が作るバクテリオシンという物質が関わっていることが明らかになってきました。バクテリオシンは、安全な抗菌物質として、食品の保存から飲み込める歯磨き粉まで、広く利用され始めています。
 今回のサイエンスカフェでは、九州大学大学院農学研究院 准教授の善藤威史氏を講師にお迎えし、乳酸菌の力やバクテリオシンの働き、利用例などについてお話しいただきます。
乳酸菌とバクテリオシンの可能性について一緒に考えてみましょう。

\ こんな人におすすめ /

・大学での研究に興味をお持ちの方

・乳酸菌を利用したものに興味をお持ちの方

・乳酸菌の働きについてもっと知りたい方

講師:善藤 威史(ぜんどう たけし) 氏

ae7d9b678ae30c88c24076169888453986b34120.jpg

九州大学大学院農学研究院 生命機能科学部門 微生物工学分野 准教授

2004年九州大学大学院生物資源環境科学府生物機能科学専攻博士課程修了、博士(農学)を取得。
2004~2006年九州大学大学院農学研究院・博士研究員を経て、2006年九州大学大学院農学研究院助手、2007年同助教、2020年同准教授、現在に至る。
2012年農芸化学奨励賞、2019年農芸化学技術賞などを受賞

開催概要

タイトル
第138回日本農芸化学会サイエンスカフェ
「乳酸菌が作る抗菌物質・バクテリオシン~食べるだけではもったいない乳酸菌の力~」
講師
善藤 威史 氏(九州大学大学院農学研究院 准教授)
日時
2021年12月25日(土) 13:00~14:30
場所
4階交流室1
※状況によりweb会議サービス「Zoom」を使用したオンライン実施に変更となる場合がございます。
対象
高校生以上推奨
定員
20名
料金
無料
参加方法

事前申込制です。ページの最下部に表示される参加申込フォームよりお申込み下さい。

 申込期間 
2021年12月4日(土)お昼12:00 ~ 2021年12月22日(水)18:00

先着順に受付し、定員に達し次第、もしくは 2021年12月22日(水)18:00 で受付を終了します。

おひとり様につき1フォームでのお申し込みをお願いいたします。

迷惑メール対策などで、「アドレス指定受信」・「ドメイン指定受信」・「メールフィルター」など、メールの拒否設定を行っていると受信できません。設定の変更をお願いします。迷惑メール防止対策のためドメイン指定をされている場合は「@fukuokacity-kagakukan.jp」をご指定下さい。

活動ポイント
ポイントの付与はありません。

※ファンクラブに入会して講座や実験に参加すると「活動ポイント」がもらえます。また、活動ポイントを貯めるといろいろな得典と交換できます。
ファンクラブ利用案内を詳しくみる

主催
日本農芸化学会
共催
日本学術会議農芸化学分科会
協力
福岡市科学館
その他

・当日スタッフがイベントの様子を撮影し、福岡市科学館の広報活動(HP、SNS、広報誌等)や活動の報告で使用させていただく可能性がございますので予めご了承ください。

・新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、外気を取り入れた強制換気を常時行います。場合によっては館内温度が安定しないことがあります。調節のできる服装でのご来館をお願いします。

 大切なお知らせ 
福岡市科学館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各機関からの最新情報をもとに、感染予防・拡散防止に努めてまいります。ご来館の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、マスク着用こまめな手指の洗浄・消毒 などのご協力をお願いいたします。ご来館の際には、【ご来館の皆様へのお願いと当館の対策について】 をご確認いただきますようお願い申し上げます。