サイト内検索

6/25(土)『LIVE in the DARK tour w/orbe(haruka nakamura+田辺玄)×Meadow』福岡公演

暗闇、星空、そして音楽が共鳴する、非日常のプラネタリウム。

プラネタリウムが映し出す圧倒的にリアルな「星空」、良質な「音楽」、そして「暗闇」が共鳴する新しい音楽ライブエンターテインメント。
星々が犇(ひし)めく暗闇の中、耳を澄ませてみると、日常生活では感じることができなかった、微かな音の"表情"をしっかりと感じることができるはずです。
プラネタリウムでしか体感できない、非日常の音楽体験をお楽しみください。

LIVE in the DARKの詳細は、特設サイトをご覧ください。


haruka nakamuraとともに『LIVE in the DARK tour』を開催

様々なジャンルを内包し、牧歌的で美しく叙情的な音楽を生み出す音楽家・haruka nakamura。ギタリストでありながらエンジニアとしても活動し、haruka nakamuraの音楽を体現する上で欠かすことできない存在、盟友・田辺玄。そしてbaobabのボーカリストmaikaを迎え、東京と福岡を巡る『LIVE in the DARK tour w/orbe(haruka nakamura+田辺玄)×Meadow』を開催します。
ゆっくりと暮れゆく夕陽、漆黒の闇に輝く星々、輝く朝陽と共にorbeとMeadowの音楽を心ゆくまでお楽しみください。


出演者プロフィール

haruka nakamura

harukanakamura.jpg


青森出身 / 音楽家
15歳で音楽をするため上京。
2008年1stアルバム「grace」を発表。
それまで主にギターを弾いていたが、2ndアルバム「twilight」がきっかけでピアノを主体に音楽を作るようになる。その後、ミュート・ピアノソロアルバム「スティルライフ」など、いくつかのオリジナル・アルバムを発表。最新作は「Nujabes PRAY Reflections」となる。
2020年から自主レーベル「灯台」を立ち上げ、「灯台通信」というメールで手紙のように自身の文章で伝える発信に取り組む。長い間、旅をしながら音楽を続けていたものの、2021年より故郷・北国に帰り、音楽をすることにした。
主な仕事は杉本博司「江之浦測候所オープニング特別映像」NHK土曜ドラマ「ひきこもり先生」Huluドラマ「息をひそめて」ドキュメンタリー「安藤忠雄・次世代へ告ぐ」任天堂CM「どうぶつの森」など。
【オフィシャルサイト https://www.harukanakamura.com/

田辺玄

4cc3ac7fa5d810ac3ae0b674c301c506bef88166.jpg


Compose / Arrange / keyboard / vocal ...and more Studio Camel House 主宰。ギタリストやレコーディングエンジニアとしての活動や、映像や空間のサウンドデザインなど、音を通じて人や場と関わり制作を続けている。WATER WATER CAMEL(活動休止中)、森ゆに・青木隼人とのトリオ「みどり」、haruka nakamuraとのユニット「orbe」としても活動中。

orbe/田辺玄+haruka nakamura

9be1fa02cff7052971cc22fadec7da4e39b82e77.jpg


田辺玄とharuka nakamuraによるDUO。音楽家・ギタリストでありながら、エンジニアとしてもstudio camel houseを主宰する田辺玄。そこでほぼ全ての作品をレコーディングしてきた音楽家・haruka nakamura。
数年に亘り数々の制作を共にしていた二人が、2019年に山梨のワイナリー"BEAU PAYSAGE"の葡萄畑のセッションをきっかけに"orbe"として音楽ユニットを結成。その時に生まれた楽曲を八ヶ岳高原音楽堂で録音。
V.A.「waltz for BEAU PAYSAGE」1曲目に収録される。2019年1st EP「orbe」を12インチ・アナログレコードで発表。orbeのホームグラウンドとなる瀬戸内海のbelkと、八ヶ岳音楽堂で行った演奏会の写真をジャケットにした、「山と海が繋がる循環」をテーマにしたアルバム作品。ジャケット写真も手掛けたTKC監督による「BEAU PAYSAGE」と、belkスタッフ広瀬翼監督によるアルバム・ダイジェストMVがYouTubeにて公開されている。その後もorbe名義でNHKドラマ「金色の海」やCM音楽などを手掛ける。2022年初夏に1stアルバム「orbe Ⅱ」を発表予定。
baobabのmaikaによるソロ・プロジェクト"Meadow"をゲストに迎えた初のフルアルバム。このトリオは「Nujabes PRAY Reflections」の録音アンサンブルメンバーでもあり、Meadowの1stアルバムもorbeが積極的に参加して作られた。2022年にはお互いの1stアルバム発売を記念した合同リリースツアーを予定。 orbeとは「循環」を意味する。

Meadow

Meadow.jpg


baobab、カテリーナ古楽器研究所として活動するmaikaのsolo project。2021年始動。
自身のヴォーカル、ピアノ、フィドルやヴィオラなどを軸に、抽象的かつ、風景の中を漂うような音世界が響く。水の漂いや光のプリズム、風にたなびく草原、自然に身を委ね包まれるような感覚、時にスモーキーさも含んだサウンドが流れる。2021リリースされた1st EP「eau」に続き、田辺玄、haruka nakamuraをはじめ、あだち麗三郎、鈴木雄大、石川真由子、須藤ヒサシ、松本未來など様々なアーティストをゲストに迎えたフルアルバムを初夏にリリース予定。
(「Nujabes PRAY Reflections」/haruka nakamuraへボーカル・フィドル参加。「yaora」/gen tanabeへ声で参加。)
Meadowとは、草原を意味し、またMeadow gardenは、自然の生態系により近い庭づくりを意味する。家と外の世界を繋ぐような庭。



開催概要

タイトル
『LIVE in the DARK tour w/orbe(haruka nakamura+田辺玄)×Meadow』福岡公演
出演者
orbe(haruka nakamura/田辺玄)、Meadow(maika)
日時

2022年6月25日(土)
1stステージ 17:00~18:00
2ndステージ 19:00~20:00

※開催時刻の30分前に開場します。

※イベント開始後の途中入場はできません。

場所
6階ドームシアター(プラネタリウム)
対象
中学生以上
※イべントの特性上、小学生以下の方はご入場いただけません。
定員
1公演につき220席
料金
指定席 一般シート 7,000円(税込)、一般シートB 5,500円(税込)

※各種割引、年間パスポートはご利用いただけません。
※年齢による種別はありません。
※イべントの特性上、小学生以下の方はご入場いただけません。
※『一般シートB』はプラネタリウム機器の真後ろのエリアのためステージ(アーティスト)が見えづらい場合があります。
チケット

チケットの販売はWEB 販売(ticket board)のみです。
福岡市科学館での販売はございませんのでご注意ください。


①【抽選】プレイガイド (ticketboard) 先行受付
  受付:2022年3月16日(水)18時00分~2022年3月22日(火)23時59分

②【先着】チケット一般販売
  受付:2022年4月2日(土)10時00分~2022年6月24日(金)23時59分
  先行受付/一般販売のお申し込みは こちら

※予定枚数に達し次第終了
※チケットの販売はWEB 販売(ticket board)のみです。
※福岡市科学館での販売はございませんのでご注意ください。
※イベントの特性上、小学生以下の方は入場できません。
※観覧券は各公演、一度に合わせておひとり様4枚までご購入いただけます。
※ご購入後のキャンセル・返金及びお席や時間の変更は一切お受け出来ませんので予めご了承ください。
※2枚以上お買い求めの方については、隣同士のお座席を確保できない可能性もございますので予めご了承ください。
※インターネット等でのチケットの転売は固くお断りします。売買が確認されたチケットについては入場をお断りします。

●座席についての注意事項
※購入時に具体的な座席を指定することはできません。
※2枚以上お買い求めのお客様については、隣同士のお座席を確保できない可能性もございますが、予めご了承ください。
※一部ステージが見えづらい座席がございますが、予めご了承ください。
※一部リクライニング機能のないペアシートがございます。こちらへのご案内の可能性もありますが、予めご了承ください。

主催
福岡市科学館
企画
コニカミノルタプラネタリウム株式会社

 大切なお知らせ 
福岡市科学館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各機関からの最新情報をもとに、感染予防・拡散防止に努めてまいります。ご来館の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、マスク着用こまめな手指の洗浄・消毒 などのご協力をお願いいたします。ご来館の際には、【ご来館の皆様へのお願いと当館の対策について】 をご覧いただきますようお願い申し上げます。