サイト内検索

アポロ11号月面着陸50周年記念特別企画

アポロ11号月面着陸50周年記念特別企画


1969年7月の人類史上初の月面着陸から、今月7月で50周年を迎えます。
これを記念し、科学館ではさまざまなイベントを開催いたします。

各イベント内容


天体観測会「月の写真を持ち帰ろう」


日時:2019年 7月11日(木)19:30~20:30
会場:六本松421、屋上
定員:10組
申込:ホームページより事前予約制。詳細は こちら ご覧ください。


50年前の人類初の月面着陸に思いをはせながら、月を観測し、写真撮影をお楽しみいただけます。お持ちのスマートフォンで月の写真を撮影してみましょう!



② 50年前の新聞を展示!


日時:2019年 7月13日(土)~2019年 7月28日(日)9:30〜21:30
会場:4階サイエンスナビ横
料金:無料(入館料もかかりません)

科学館スタッフのお父様が大事に保管されていた新聞を展示します。人類史上初の月面着陸1969年7月20日の新聞記事で、当時に思いをはせてください。


S&Cワークカフェ  「月の宇宙人を想像しよう」


日時:2019年 7月20日(水)15:00~16:00
会場:4階実験室3
対象:小学生以上
料金:無料
定員:20名
申込:ホームページより事前申込制。
   先着順に受付、定員に達し次第締め切らせていただきます。

50年前の7月20日にアポロ11号が人類初の月面着陸に成功しました。月面着陸50周年を記念して、月に思いをはせるワークショップを開催します。
月の環境を学んで、もし月に宇宙人がいたらどのような形をしているのか想像してみましょう。
詳細は こちら をご覧ください。


スペシャル企画「地球外生命探査への挑戦!~現役NASAエンジニアからのメッセージ~」石松拓人 氏 講演会


b0d890e9878e293516fde336b59bff0515f7ea9b.jpg

講師:石松 拓人 氏
ファシリテーター:本田 隆行 氏
日時:2019年 8月7日(水)14:00~15:30
会場:6階サイエンスホール
対象:小学生以上(推奨)
定員:200名(事前申込必要、抽選)
料金:無料
申込:ホームページより事前申込(抽選)。

NASA JPL(ジェット推進研究所)で火星ローバーの開発にたずわさっている、石松拓人氏に、火星ローバーのお話やNASAのお話しいただきます!質問コーナーもあります。

詳細は こちら をご覧ください。



ispaceスペシャルトーク「月に跳ぶ人類の挑戦」


snj44.jpg

講師:秋元 衆平 氏
日時:2019年 8月17日(土)① 16:00~ ② 18:00~
   1公演 約80分間【途中10分間の休憩あり】
会場:6階ドームシアター(プラネタリウム)
定員:1公演につき220名(完売次第、終了)
対象:どなたでも
全席 ⾃由席 中学⽣以上 1,200円(税込)、⼩学⽣ 600円(税込)
観覧券:2019年 7月24日(水)16:00から福岡市科学館3階総合案内/チケットカウンターとWEB(Peatix)にて、お買い求めいただけます。


今回の STARRY NIGHT JAM では、アポロ計画に携わる宇宙飛行士やスタッフの物語「アポロストーリー 月への挑戦」を投映。また、民間発の月面探査チームHAKUTOで知られる企業、株式会社ispace よりゲストの秋元 衆平氏を迎えてのトークショーを行います。これまでの活動と今後の展望、そして史上初の民間月面探査プログラム「HAKUTO-R」についてご紹介します。

内 容
★プラネタリウム番組「アポロストーリー 月への挑戦」(30分間)
 ~休憩(10分間)~
★ispace 秋元 衆平氏トークショー(40分間)

詳細は こちら をご覧ください。

SNJ44_apollo.jpg
Shuhei%20Akimoto%20_.jpg