サイト内検索

ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」

バナー_アインシュタイン展福岡_1980_1080px.jpg

 20 世紀最高の物理学者と称される、アルバート・アインシュタイン(1879-1955年) は、20世紀前半に相対性理論やブラウン運動理論などを提唱、光電効果の理論的解明によって1921年のノーベル物理学賞を受賞しました。(1921年のノーベル賞の発表が遅れ、アインシュタインが受賞の報をうけたのは、1922年、日本に向かう船の上でのことでした。)
 その受賞 100年記念として企画された本展は、アインシュタインの科学理論や日本とのつながりについて、国内外の貴重な資料や、体験装置、ゲーム、科学玩具をとおして、子どもから大人まで楽しみながら学べる内容です。また、没後に多くの個人資料の寄贈を受けたヘブライ大学 (イスラエル) の特別協力を得て、アインシュタインゆかりの品も展示し、幼少時の挫折体験や晩年の平和活動など、深みのある人間性にも焦点をあてます。

▼公式ホームページはこちら
https://einstein-fukuoka2022.jp/



展覧会のみどころ

 アインシュタインが解明した4つの代表的な科学理論「ブラウン運動」「光電効果」「特殊相対性理論」「一般相対性理論」について、楽しみながら学べる体験装置やゲームが多数登場。光の性質や重力、時間と空間の不思議などを、漫画や絵本パネルも使って分かりやすく紹介します!
 例えば「特殊相対性理論」のコーナーでは、1 年後に爆発する爆弾を載せた自転車をこいで、光の速さでも 2 年かかる惑星まで爆弾の解除に向かうゲームを行います。はたして間に合うのか?時間と空間が伸び縮みする、光速の不思議な世界を体験してみましょう。
 「一般相対性理論」のコーナーでは、自分の動きに合わせて空間に歪みが生まれ、その歪みによって光の動きにも影響がもたらされることを、デジタル宇宙空間の散歩で体験できます。



展覧会の構成

<第1章>アインシュタインのキャラクターに触れる
 1章では、アインシュタインが生まれてから大学を出て仕事に就くまでを中心に、アインシュタインの人柄が分かるエピソードを紹介します。ドイツ・ウルムに生まれたアインシュタインの幼少期のエピソードをみてみると、話すことが苦手だったり、かんしゃくもちだったり、意外な一面があったようです。そんな幼少期や来日時のエピソードを、ヘブライ大学や慶應義塾図書館などが所蔵する写真や直筆原稿を通して紹介。アインシュタインが好んで遊んでいたおもちゃの紹介や好奇心を刺激する科学玩具の体験コーナーもあります。

<第2章>アインシュタインが変えた世界
 アインシュタインが大学の研究者ではなく、まだ特許局の職員として働いていた26歳の時、3つの論文を発表したことから、その年の 1905年は「奇跡の年」と呼ばれています。なぜ奇跡なのかというと、「原子の存在の証明」「光量子仮説」「特殊相対性理論」と、それまで誰も説明できなかったことを、1年のうちに3つも解き明かしたからです。このコーナーでは、その3つの研究と「一般相対性理論」について、体験型の展示を通して紹介します。

<第3章>アインシュタインの研究の先に広がる景色
 アインシュタインほどの天才であっても、自らの研究の未来を正しく予測できませんでした。アインシュタインが生きた時代の先には、彼の予想をはるかに超える科学技術の発展があったのです。ここでは現代の最新研究を支える科学技術や研究施設を紹介するとともに、平和を希求し続けたアインシュタインと日本人研究者との交流にもふれます。

告知動画

開催概要

タイトル
ノーベル賞受賞100年記念「アインシュタイン展」
公式HP
https://einstein-fukuoka2022.jp
開催期間
2022年3月12日(土)〜5月29日(日)
※火曜日休館(ただし、3月29日、4月5日、5月3日は開館)
開催時間
9:30~18:00(最終入場17:30まで)
開催場所
3階企画展示室
料金
大人    1,200円 (1,000円)
高校生   900円  (700円)
4歳~中学生   700円  (500円)

※( )は前売り料金 前売り券は終了しました
※前売り券は2022年1月12日(水)~3月11日(金)まで福岡市科学館5階ミュージアムショップおよび主なプレイガイドで販売
※3歳以下無料
※次の方は、無料で入場いただけます。詳しくは利用料金減免基準をご覧ください。 身体障害者手帳・精神障害者保健福祉手帳・療育手帳の提示者本人と介護者1人(コピー可、ミライロID可)。 特定医療費(指定難病)受給者証・特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者本人(コピー可、ミライロID可)。
※30名以上の団体は前売り料金

前売りチケット情報
2022年1月12日(水)~3月11日(金)まで福岡市科学館5階ミュージアムショップおよび主なプレイガイドで販売
その他
音声ガイドあり
600円(税込)
※音声ガイドは現金支払のみ。3階企画展示室前にてレンタル可能
主催
福岡市科学館、読売新聞社
後援
駐日イスラエル大使館、FBS福岡放送、応用物理学会、日本化学会、日本天文学会、日本物理学会、日本物理教育学会
特別協力
ヘブライ大学アインシュタインアーカイブ(イスラエル)
特別協賛
佐川印刷株式会社

関連プログラム

重力 - 宇宙を支配する謎のチカラ.jpg

6階ドームシアター(プラネタリウム) 重力 - 宇宙を支配する謎のチカラ

「ものはなぜ落ちるのでしょうか。」と聞かれたらなんと答えますか?「地球には、引き寄せる力・引き合う力、つまり『重力』があるから」? しかし、もし『引き合う力』が存在しないとしたら...?
20世紀の科学者アルベルト・アインシュタインは、1915年に発表した『一般相対性理論』において、重力と時空間との関係を明らかにしました。時空間の歪みが重力であることを証明してみせたのです。
この番組では、「引き合う力などは存在せず、時空間の歪みが重力である」ことを、身近なたとえを使って映像でご紹介します。
詳細はこちら
【日時】投映スケジュールはホームページをご覧ください。
【料金】大人510円 高校生310円 小・中学生200円

578fa0574aa10202952fa4d21048518e39f41d3b.png

5階 基本展示室 サイエンスショー「光のナゾを追え!」

光のいろんな不思議を見ながら、光の正体について考えていきましょう。
詳細はこちら

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、2022年5月1日(日)~5月4日(水)は中止いたします。
ご参加を予定されていた皆様につきましては、大変申し訳ございません。
皆様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解・ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。
2022年5月5日(木・祝)15:30~のみ開催いたします。

【日時】スケジュールはホームページをご覧ください。
【料金】無料  ※基本展示室の入場料が必要

バナー_アートボード 1.png

サイエンスカフェ「日常の中の相対性理論」

九州大学の物理分野の先生お二人をお招きし、アインシュタインの相対性理論が私たちの生活にどのように活かされているか実演を交えながら、アインシュタインの理論をおもしろくお伝えします。
日時:2022年4月3日(日) 13:00~14:30
場所:4階 交流室1
対象:小学4年生~6年生 ※保護者同伴必須
定員:15組(1組2名)
料金:無料
詳細はこちら

記念講演会 ※終了しました

山田吉孝学芸員2.jpg 山田吉孝さん(名古屋市科学館 主任学芸員)

本展の監修者・山田吉孝さん(名古屋市科学館 主任学芸員)が展覧会のみどころを語ります!申し込み、詳細はこちら

日時:2022年3月12日(土) 11:00~12:00
会場:福岡市科学館 交流室1
進行:福岡市科学館スタッフ
※要事前申し込み。Zoomでも配信します。

講演会アーカイブ動画

211022校正用_A4チラシ_アインシュタイン展_福岡_表_page-0001.jpg

  211022校正用_チラシ_アインシュタイン展_福岡_うら面_page-0001.jpg




 大切なお知らせ 
福岡市科学館では、新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、各機関からの最新情報をもとに、感染予防・拡散防止に努めてまいります。ご来館の皆様には、ご不便をおかけいたしますが、マスク着用こまめな手指の洗浄・消毒 などのご協力をお願いいたします。ご来館の際には、【ご来館の皆様へのお願いと当館の対策について】 をご覧いただきますようお願い申し上げます。